なぜユニオンベースは難攻不落の要塞なのか?


先日ユニオンベースとMETの合同定例会に参加させていただきました。

まだサバゲーを始めたばかりの頃よく行ってたこのユニオンベース、数えてみると1年8ヵ月ぶりの多分11回目。

なつかしい。

以前とほとんど変わってませんでした。

当時初心者の私はようやくヒットがとれるようになり次はどうしてもフラッグを落としたくて、どうやったら落とせるかいろいろ一生懸命考えてました(笑)

フィールドの奥を取り巻く山道が特徴で、駆け抜けられたら勝利は間違いなしとか…

右奥のブッシュを通り抜けられたら裏取りでフラッグゲットとか…

METはそこそこ落ちるのですが、ところがユニオンベース、実は攻防戦などを除くと通常のフラッグ戦ではほとんどフラッグの落ちない難攻不落の要塞(笑)

山道に10人投入とか、ひたすらみんなでブッシュルートを攻めるとか、やれば出来そうなんだけどしょせんアカの他人、当然ほとんど誰もついてきてくれない(また笑)

ではどうしてみんなそのルートで行かないのか?
「知らないから」と言ってしまったら終わりなのですが、まじめに考えてみると、他のフィールドと違って「常連チーム」より「バラの初心者」が比較的多く、また建物やバリケードもいっぱい用意してあって「攻めるよりも撃っていれば楽しい」うえに「待っていても守りやすい」のではないかと思います。

ゲーム時間もほとんどが10分、16ゲームは回してくれる。ヒットされてもすぐ次のゲームがある。
もし12分だったら結構落ちる可能性もあるんだけど、それはフィールドの方針。

他の「デザートユニオン」や「ヘッドショット」「フォレストユニオン」等のフィールドと「ユニオングループ」を形成している中で「初心者がストレスなく楽しめる」位置付けなんでしょう、他よりもわりとのんびりできるフィールド。

セーフティーも広く、昼の食事も充実していて1日たっぷり楽しめる。

そういう意味でいいフィールドだなあと思います。

ついつい時々行きたくなるユニオンベース♪

またそのうち行きます!



サバゲー出撃も170回を越えました。

200回まであと30回

(笑)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です