サバゲーフィールドシールズ EXTREME6(エクストリーム6) その2

週末参加させて頂いたシールズさんの「EXTREME6(エクストリーム6)」とは、例のICタグを使った6時間耐久です。

 

出撃の朝、いつものように高速ダッシュ、都内から45分で着いてしまいました♪

受付、保険登録、弾速チェック、ここまではいつもの「オペレーションシールズ」とおんなじです。

ミーティング開始!

50名以上集まってます。

新しいゲームの説明なので注意深く聞きます♪

 

まずは「持ち時間」との戦い?

スタート時の持ち時間は1時間らしい…

6時間耐久なのに最初の持ち時間は1時間?

途中で持ち時間が0になると終わりです!

フラッグを1つダウンすると持ち時間が3分増える。

ということは残りの5時間=300分稼ぐためには100回フラッグダウン?

心配です(笑)

 

これについては結局大丈夫でした♪

最初の持ち時間1時間

たぶんフラッグダウン40回で120分延長=2時間

もっとフラッグダウンしてるかもしれません♪

戦死して復活するまでの間はICタグをちゃんと復活ボックスにタッチすれば時計が止まり復活まで平均1分半待つとして40回戦死で60分=1時間

この時間も戦況ボックスを仲間と見ながら作戦会議で楽しい♪

昼メシのBBQやセーフティエリアの自席での水分補給、弾補給、たばこタイム、トイレタイムで60分=1時間

昼メシ2回食べました(笑)

 

これで合計5時間

あと1時間は不明(笑)

この他に特殊アイテムの白リングをICタグをフラッグにタッチする時にゲットすれば6分延長というのがあります。

結局ゲームが終わってみたら20分以上余ってました♪

余裕がでてきた最後のほうは時間不足の味方の援護なんかもやってました。

これも大切な任務!

 

まずは持ち時間の話だけで本日は終了です。

「EXTREME6」

まだまだ続く…

(笑)

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です