サバゲーはなぜ黄色チームが弱いか?

いろんな所の定例会にお邪魔しています。

「おはようございま~す」

受付時にマーカーを渡される時に赤を渡されると

「今日は攻めていこう!」

黄色をもらうと

「今日はしっかり守ろう♪」

と思います。

そう、なぜかサバゲーは黄色が弱い(笑)

 

まず原因で考えられるのが、組分け。

受付時にマーカーを渡すフィールドなんかは朝イチで来る大人数有力チームに希望を聞いたりして赤を渡してるとか…(笑)

あるいは朝ミーティングを行ってから組分けをするフィールドなんかでもベテランさんはミーティングでの立ち位置がベテランな位置だったりして…(笑)

スタッフさんも必ずまず順番に「赤」を選び、次に「黄色」を選びますよね♪

つまり赤チームはかたまっていて、黄色チームはバラバラの残り物という傾向があるような気がします。

 

次に考えられるのが視認性。

明らかに黄色の方が目立つ(笑)

木漏れ日がさすブッシュや林ではそんなに変わりませんが明るい平地や建物の陰は黄色が目立ちます。

私は自分が赤チームの時に相手が黄色のマーカーだとすぐ撃てるのですが、自分が黄色チームの時は相手がつけてる赤いマーカーを探して確認してからでないと引き金が引けません(笑)

要するに黄色のマーカーは目立つし、早く反応される?

 

最後は身に付けることの心理効果

「赤」は情熱的な攻撃色

「黄色」は危険な注意信号

その日の洋服や小物を選ぶ時にその日の目的や気分で色を選んだりしますよね♪

それよりも「黄色は弱い」と思ってる心理?

 

もしかしたらこれがホントの正解かもしれません!

 

どうでしょうか?

 

(笑)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です