パラドックス デルタゲーム

 

先日、千葉県君津市にあるパラドックスさんのデルタゲームに参加しました。

このデルタゲーム、3チームに別れて手首に巻いたICタグで30か所のフラッグをピッピして得点を競うゲームです。

以前にもこのブログで詳しく紹介していますのでご覧ください。

⬇このハイテク装置のおかげで従来のサバゲーと全然違います♪

 

数ヵ月ぶりの参加だったのですが、前より更にルールが改良され、ゲーム中のセーフティーエリアがフィールドの中にしっかり目隠しされた状態でつくってあって、つまり相手のベースフラッグまでおとせるようになりました!

本日は30名近く集まってます。

 

我が黄色チームはサウスベースからのゲームスタートです。

本日のメインアームはスコープ付きレシー、重いです(笑)

1ゲーム1時間なので体力低下の私はソーコムが実質的メイン(また笑)

手近なフラッグを落としたり上書きすれば得点があがるのですが、ついつい前へ前へと出て戦ってしまいます。

サウスベーススタートだと平坦なフィールドが広がる楽なノースベース方面の敵と戦えますが、落とせるフラッグは少なめ。

高得点を狙うのであればイーストベース方面の谷へ降りていかなければいけません。

デルタゲームひさびさの私は「今日は体力チェックだも~ん」と割りきって下には行きません(笑)

あっという間1時間、まあなんとか戦えそう…

 

楽しい昼休みが終わりました。

午後はノースベースからのスタートです。

正面はサウスベースまで平坦なフィールド、しかし左手は急な斜面…

「よし行ってみるか!」

ゆっくりと降りて行きます。

ひとつめのフラッグをおとしたところで前方で交戦が始まりました。

そっと近づくとブッシュの中にひそんだ敵のスナイパーと味方が撃ち合っていますが味方はどこから撃たれているか完全には分かっていない様子。

ちょっと遠目ですがソーコムで狙います。

ツーパフパフ、つまり2発目でヒット取れました。

調子に乗って更に進んだところであえなくこちらが「ヒット~」

デルタゲーム、ヒットされてもベースに戻れば復活できるのですが、イーストベース攻めはヒットのあとに斜面を登るのがつらい(笑)

でもまあなんとかゆっくりなら斜面も大丈夫そう。

ここでスコア確認。

我が黄色チーム、3位です(笑)

ちょっと真面目にがんばろうかなあ~、と思いながら戦っているうちに気がついたら第二ゲーム終了です。

1時間って早いなあ♪

 

最後は地獄のイーストベーススタートです。

体力に自信のある常連さん達が、このイーストベースのフラッグを狙ってどんどんやって来ます(笑)

イーストベース用のセーフティーエリアがイーストベースより前にあるので味方は後ろから迫る敵に気づきません。

まずは防衛に専念です。

フラッグ裏で待っていると1人、2人と敵がやって来ます。

「パフッ」「パフッ」

ここまで来て貰ったのにスミマセン、って感じです。

今度はちょっと左上に出撃、10メートルも行かないうちにどこからともなく撃たれます。

次は右に向かいます。

ここでちょっと足首をひねってしまい休憩がてら斜面で待ち伏せしますがやはり撃たれて戻ります。

こんな事を繰り返しているうちにちょっとヘロヘロになってしまい、軽く転倒。

やはり無理しちゃダメですね(笑)

 

ゲーム終了。

最後に表彰式があります。

結果は我が黄色チームが優勝。

でも個人成績は2○人中2○位(笑)

これ以上悪くならないから復活第一戦としては最高のスコア?

一緒に出た仲間はMVPでした。

デルタゲームって成績がはっきり出るので腕試ししたい方にはオススメです。

わかった!

サバゲーの人間ドック?

 

ちょっと悔しい思いをしましたが、「よ~し、もうちょっとやせたらまたくるぞ!」

(笑)

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です