サバゲーフィールドパラドックス デルタゲーム その3

千葉県君津市サバゲーフィールドパラドックスさんのデルタゲーム、早くも1ゲーム目が終了しました。

2ゲーム目は時計回りに陣地を交代して始まります♪

右手に青チーム、左手に赤チームはいっしょですが地形やルートはさっきと全然違います。

まずはフラッグを地図で確認。

ベースから近場のフラッグは得点が1点ですが、少し遠くなると2点、相手チームに近くなると3点と、難易度にあわせて得点が上がっていきます。

ゲームスタート!

1ゲーム目は上書きするのが精一杯でしたが今度はフラッグゲットをねらってみます。

まだ未占領状態のフラッグ発見♪

フラッグ中央のセンサーにICタグを近づけてさらに2つの離れたボタンを右手と左手で10秒間押し続けないとフラッグの表示が味方チームの色に変わりません。

両手を使っているのでまったく無防備(笑)

しかもフラッグを左右から抱え込むような体勢でフラッグの色が変わるのを上を向いて確認しながらボタンを押しているので周囲を見回すこともできません。

少しドキドキのフラッグダウン♪

 

このあと1ゲーム目はさらにすぐ前進して戦死してばかりしていましたが、少し賢くなって一呼吸おきます。

できれば後方から上がってくる味方を待ってから複数でゆっくり前進。

森が深いので遭遇するとしても交戦距離は20メートル以内がほとんど。

会敵しても一呼吸おきます。

距離が近いので初弾で倒さなければ必ず発見され反撃されます。

森林の中のCQB。

 

前進

フラッグダウンもしくは上書き

仲間を待ってゆっくり前進

交戦

戦死

ベースへ帰還

復活

ひたすらこの繰り返し。

1時間たちました。

2ゲーム目終了。

 

終わって得点を見ると我が黄色チームは2位に落ちてます。

でもようやくコツを掴んできました♪

 

森林フィールドとデルタゲームの組み合わせ、面白い♪

 

(次回へ続く)

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です