夏だから? ハンドガン給弾不良♪

先日のハンドガン戦でのこと。

いつものように右手にソーコム、左手にM9A1で出撃です♪

去年の秋に買ったガスガン、真夏は強烈と聞いています!

楽しみ♪

 

ゲームが始まりました!

 

「パフパフ パンパン」

 

「パフパフ」はソーコムの音、「パンパン」はM9A1の音です(笑)

確かに弾速が上がってる!

 

それが次には

「パスパス パンパン」

に変わってしまいました♪

 

敵はどんどん撃ってきます。

こちらも二丁で撃ち返しますが、どうもソーコムから弾が出ていない(笑)

やがて撃ち負けて戦死…

 

セーフティフィールドに戻りながら弾倉を抜いてみるとソーコムは最初の2発は撃って弾がなくなっているのですが3発目が引っ掛かって上がってきてません。

 

原因に心当たりが二つあります。

 

1つ目は満タンの弾倉がアチアチになっていたこと。

午前中ずっと直射日光で温めていたのですが持ったら40度くらいになっていました。

もしかしたら熱で弾倉かBB弾が膨張していたのでは?

 

二つ目は給弾用のバネが最初の頃よりは少し弱くなっていること。

BB弾を弾倉にこめる時に楽でいいなあと思ってました。

最近ゲームが終わっても面倒くさくてBB弾を抜いていなかった私が悪い(笑)

 

でもハンドガンで良かった。

実は長モノの方を3回ほど壊した事があるのですが、いつもショップの方に「もしかして弾づまりとかで圧力が逃げなくてピストンに負担がかかったのかも知れませんねえ」と言われます。

弾づまりの原因にBB弾の変形や膨張がやっぱり考えられます。

 

というわけでハンドガン、次回の準備の時に弾倉を常温でテストしてみてダメだったらショップにGoで弾倉ゲットですね♪

 

夏のハンドガン、強烈でいろいろ起きるのかなあ♪

これからが楽しみです!

 

ちなみにガスは満タンよりすこし少な目な方がガスが気化しやすいから良いと東京マルイの人が言ってました。

あと、BB弾も日陰で管理しましょう♪

(笑)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です