マルイハイサイクルCRW改

10日ほど前の定例会で何やらくぐもった音になっていたCRW、次の定例会できっとゲームの途中で「ギー」という音と共に弾がでなくなるんだろうなあ、と入院覚悟でした。

現在我が家にはこのハイサイクルCRW改と次世代CQBR改と戦友用の次世代ノーマルM4の3丁が稼働状態にあります。

故障してもなんとかなりますがCQBRはカスタムが現在セミオート用(笑)

CRWが故障して修理に出しても大体1週間以内で戻ってくるので大丈夫ですがやはり入院はめんどう。

いつもの屋外でないのでよくわからないのですが自宅の室内で撃ってみてもやはりくぐもった音。

いよいよ秘蔵のレシーを配備か、それとも最近またフィールドで見たミニミが行くべき我が道ではないかと考えたり…

とにかく壊れたら修理にショップに持ち込もう等と考えながら、その前になぜかCRWをせっせと磨きます(笑)

細かいほこりが奥の方まで入り込んでいるのでレールの筋まで1本1本拭き取り作業。

ハイサイクルはピンを抜いてやると本体が折れてピストンがすぐ露出します。

どれどれ中も少し拭いてやるかと思い、ピンをはずそうとした時でした♪

ピンがすでに三分の一程抜けているのを発見!

もしかしたら異音の原因はこれでは?

差し直して試射しますがやはり家の中なのでよくわからない(笑)

結局次の定例会で1日使ってみても大丈夫そうでした!

無敵のハイサイクル、メンテナンスも楽勝?

ちなみに実銃は当然その銃によりますが数百発でメンテナンスが必要だったりするそうです。

某高性能エアガンも5000発で必要。

我がCRWもカスタム当初は故障もハイサイクルだったのですが、今は快調でメンテナンスフリー状態♪

前回の修理から5万発は軽く撃ってますが壊れません!

実銃の500発とト○○ンの5000発とCRWの50000発。

面白いですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です