サイクロンの使い方のコツ

最近ゲットしたサイクロン、少しずつ慣れてきました!

日本語でいうと手榴弾、英語でいうとグレネード、商品名がサイクロンです(笑)

これから書く事は読んでも実物がないと全然分からないと思いますので悪しからずご了承ください♪

まずはセッティング。

パーツとしては弾頭部分の起爆装置、ボディー部分、底のふたの部分の3つのパーツからできているのですが、セッティングがそれぞれが全部難しい(笑)

弾頭部分の起爆装置はバネ仕掛けのオモリがひっかけてあるのですがそのひっかけ具合が成功率のポイントかも。

そして起爆装置をセットした後ボディーに付けるときに止まるまで半回転程度しっかりひねる。

ボディー部分はガスのタンク部分の上下がOリングの調子次第なので油を塗りすぎないこと。

そしてガスの充填は8秒から10秒。

最後に二重に回転して止まる裏のふたはちゃんと突起を合わせる位置を付属のマニュアルで確認してしっかり最後まで1回転近く回して止めること。

購入当初はふたがまったくはまらず紙ヤスリでつめの部分を削りました。

最初のうちは壊れるのが恐くてそっと扱ってしまい、いろいろな部分を最後までしっかり回していませんでした。

柔らかめなプラスチックを使っているので「カチッ」とした反応はありませんから分かりにくいですよね。

次にフィールド内での使う時のコツ。

安全ピンは手袋をはずさないと抜きにくいのでゲームが始まりある程度前進したら余裕がある時にはずしてしまう。

起爆はインパクト型なので転がすのでは爆発せず、アンダースローであまり高く上がらないように投げるので距離は5メートルまでくらいが目安。

できれば着地が固めの地面でないとダメで柔らかい土の上や草むら、薄いベニヤではなくかなりしっかり踏み固められた土や鉄やコンクリートの床や階段にある程度の角度を確保して当たるようにする。

着地も出来れば起爆装置の機械的に敏感な方向か、分からなければ縦方向に少しでも回転をかける。

以上が考えられるコツです。

誰かに教われば早いのですが独学だと多分5時間以上いじくり回さないと分かりません。

実戦でも数回は失敗すると思います。

偉そうにいろいろかきましたがジツは私もまだ戦果はありません(笑)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です