M4修理

入院していたM4のお迎えに御徒町へGo!

ちなみにFさんは修理が完了しても受け付けた時の方が休みだと連絡してきませんのでご注意ください(笑)

修理の内容はピストン交換でした。

交換したピストンをみると歯車から受けるギザギザの真ん中付近がすっかりすり減っています。

実は2週間前も入院していて、その時の原因はその歯車側のギア欠けだったのですが、ギアが新しくなったのでピストン側が急にすり減ったのか、それ以前から両方とも徐々にすり減っていたのかは不明です。

2週間前の修理の際に両方とも取り替えていれば一回で済んだと思いますが自分で見たわけではないのでわかりません(笑)

弾速チェックをしていただくと95♪

手術は成功のようですね!

ところがその試射が終わった瞬間に足元に何かが落ちました。

みるとストックの肩側にあたる面の(正しくはストックの芯棒のエンドの)前方後円古墳のような形をしたプラスチックの小さな板でした(笑)

「接着剤で貼っておきますね」

かくしてその日はM4を受け取る事はできなくなりました(笑)

エアガンの修理って大変ですよね!

次世代のピストン交換はきっとレベルの高い修理だと思いますが何か自分でできないかと帰宅後に箱に入っていたマニュアルのパーツリストを見ました。

すると機関部はまるごと交換用のセットで1万円ちょっと。

つまり修理2回分の費用と同じくらいです(笑)

壊れたギアやピストンを個別に交換するのではなく、機関部まるごと交換が東京マルイさんの答えということなんですね!

勉強になりました♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です