メンテナンスは男のロマン

みなさん、サバゲーが終わって家に帰ったら銃のメンテナンスはちゃんとされてますか?

サバゲーはエアガンのバッテリーの充電やガスがあるので他のいろいろな趣味よりはわりときちんとしているほうだと思います。

できれば帰宅後と出撃前の2回ともメンテナンスした方がいいと思います。

まずは帰宅後、銃全体のドロ落とし、銃身のクリーニング。このドロ落としの時に部品の欠落の原因になるガタやゆるみを発見しましょう。あるいは欠落自体が発見されるかもしれません。迷彩服の洗濯と共にゴーグルのレンズ面の汚れ落としも忘れずに!

帰宅後のメンテナンスで何か故障が発見できればショップにGO、ですね(笑)

そして出撃前夜、銃全体をみがくこと。そして再び銃身のクリーニング。充電と荷造り、天気のチェックやフィールドへの交通手段の確認等で忙しい中でもう一度銃のメンテナンスをお忘れなく。

銃身のメンテナンスは付属のロッド(棒)とシリコンスプレーでやりますが、これを怠ると弾速が落ちていきます。

ちなみに自分の東京マルイの次世代M4とCQBRの銃身をクリーニングしていて気が付いたのですが、M4は銃身からロッドを引き抜く時に「パスッ」という発射音と同じ音がします。ところが同じ系列なのにCQBRは音がしない(笑)

あと、エアガンでは起こらないのですが、古い西部劇の映画の中でガンマンが撃ったあとに銃口から上がるうっすらとした煙を「フッ」と口で吹きますが、あれは射撃のあとの残留ガスだけでなく、銃身が加熱してメンテナンスのシリコンのオイルが燃えるガスでもあると思います(笑)

メンテナンスは男のロマン、ですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です