四季報とチャートブック

世の中これだけネット化されて株の投資もオンラインの時代ですね!

では株をいざ買おうとして一番気になるのは何か?

当然株価です(笑)

今が買い時と思って買う訳ですがその判断材料として直近の株価しか見ていませんか?

先週は株価を見ていても先月は?

去年の株価を見ていても 10年前は?

リーマンショックの時は?  ネットバブルの時は?

本当に底値がついたのか。

本当に上げトレンドなのか。

どこまで上げるのか。

今少し下がっているのは単なる押し目なのか。

 

そこで役にたつのがチャートブック(笑)

それもできれば「月足30年」

クラシカルな私の必需品です(笑)

1冊買えば次は30年後まで買わなくていい(また笑)

ついでに時々普通のチャートブックも買いましょう。(←これはネットで十分?)

 

もう1つの必需品は会社四季報。

意外に大切なのはそれぞれの銘柄にたいしてのコメント欄です。

「不履行」とか「債務超過」といった本質的なリスクが書いてある!

過去のファイナンスも株の需給関係を知る上で大切。

 

「四季報」と「チャートブック」

一年間無人島に持っていくとしたらこれしかない!

タイムマシンに乗って手に入れたいのもこれ!

タイムマシンで入手して無人島に流されたら困るなあ(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です